遠州の小京都 森町

language

森町について

こころで京を感じるまち、遠州の小京都 森町について
森町の魅力や歴史、文化にふれます。

歴史

遠州森町は静岡県西部の山間地にあり、三方を小高い山々に囲まれ、町の中央を清流「太田川」が流れ、どこか京都に似た風情を感じる町。 その昔、火伏せの神「秋葉山(あきはさん)」へ通ずる秋葉街道の宿場町として賑わい、今も街道脇に残る格子戸の町家や路地裏の土蔵はその時代の名残です。 大正12年(1923年)7月、森町を訪れた地理学者「志賀重昂(しがしげたか)」は、山紫水明のこの町を「小京都」と称賛し、以来遠州の小京都と呼ばれるようになりました。

森町、4つのみどころ

神社仏閣

<@ item.c_member1_name @> <@ item.catch_copy @>

伝統行事

<@ item.c_member1_name @> <@ item.catch_copy @>

自然景観

<@ item.c_member1_name @> <@ item.catch_copy @>

歴史・町並

<@ item.c_member1_name @> <@ item.catch_copy @>
  1. 遠州の小京都 森町観光サイト
  2. 森町について